結婚式のスピーチの例文

スポンサード リンク

結婚式スピーチ例文は他ページに挙げておきましたのでそちらを見ていただくことにして、ここでは結婚式スピーチ例文から見える特徴をお話したいと思います。
まず、結婚式スピーチ例文では、時間は3分くらいが妥当だと思われます。
そして、結婚式スピーチ例文には忌み言葉はお祝いの席にふさわしくないので使いません。普段から別れを連想させる言葉はよくないんだとは理解していますが、忘れがちなのが、重ね言葉を使ってしまうことです。
重ね言葉は結婚式スピーチでは、再婚などを連想させることから使わないことが望ましいとされていますが、このなかによく無意識のうちに使ってしまう言葉があります。
それが「重ね重ね」など、「重ね重ねお祝いを・・・」などと、ついうっかり出てしまうものです。もちろん、悪気が合って言う言葉ではないので、悪意をもってとる人はそれほど多くはないと思いますが、気にする人は気にしますので注意をしましょう。
このような言葉はついうっかり出てしまうことが多いので、結婚式スピーチが決まったら、意識して気をつけるように自分に言い聞かせましょう。