言ってはいけない忌み言葉

スポンサード リンク

結婚式スピーチなどでは使うのを避けたほうが良い忌み言葉というものがあります。
普段は決して悪い意味で使われる言葉ではありませんが、結婚式スピーチでは避けたほうが良い言葉なので紹介しておきます。

○重ね言葉
しばしば、度々、くれぐれ、重ね重ね、またまた など

○別れを感じさせる言葉
別れる、切る、去る、終わる、破る、消える、冷える、失う など

これらの忌み言葉は別れを感じさせたり、再婚を感じさせる言葉なので使わないほうがよいでしょう。
特に重ね言葉の、「くれぐれ」や「重ね重ね」などは何気なくお祝いの席でも使ってしまう言葉ですので結婚式スピーチにはつかわないように気をつけましょう。